レーシック手術とは・・

レーシック(LASIK)はレーザーを使って視力を矯正する治療方法です。

心配するほどの大変な手術ではありません。
時間は両眼でわずか20分ぐらいなのですから・・未成年は手術できません。

レーシック手術は、コンタクトレンズや眼鏡と違って、裸眼視力そのものを回復させるので、成功すれば、近視や遠視になる前の快適な生活を取り戻すことが可能です。問題は100%の治癒ではないということです。現在レーシック技術も進歩し、格段に成功率も上がっているとききますが、古い機械を使っている病院などではいまだに問題があるようです。

レーシック治療の問題

医師の治療技術による問題

切り取ったフラップを元に戻すさい、きれいに戻せずシワが寄ってしまったり、角膜を削りすぎたりすることで、(不正)乱視を発生することなどがまれにあるようです。

このような事態は手術に不慣れな医師の場合に起こすことが多く、手術実績の多数ある医院を選ぶことをおすすめします。


医療機器による問題

医療機器のトラブルでフラップの作成が不完全になり、剥離を起してしまうこともあるようです。

このような事態は一概には言えませんが、古い機器のクリニックで起こすことが多いようです。眼球という非常に繊細な場所の手術ですので、費用のみでクリニックを選ぶのは考えものだといえるでしょう。
できるだけ最新設備を整えた医院での治療がベターでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。