レーシック手術の問題

普通、近くを見る時は水晶体(レンズ)が膨らみ厚みを増すことにより焦点が近づきピントを調節しますが、年とともに水晶体が硬くなるため調節する力が弱くなり、近くが見えにくい状態となっていきます。
これはだれしもかかえる老視といわれる、近くのものが見にくい状態です。老眼ともいい老眼鏡が必要になります。

逆に近視の人は、すでに焦点が近いため水晶体で調節しなくても、眼を近づければ自然にピントが合うため、ある程度の年までは老眼鏡なしでも近くを見ることが容易にできています。

レーシック手術によってその近視状態が治ると、当然のことなのですが老視の症状が出てきてしまいます。(正視の状態になります。)
そのため今度は近くを見る時には老眼鏡が必要となってしまいます。それで手術後に目が悪くなったというクレームに繋がることもあるようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。