レーシック治療の問題

医師の治療技術による問題

切り取ったフラップを元に戻すさい、きれいに戻せずシワが寄ってしまったり、角膜を削りすぎたりすることで、(不正)乱視を発生することなどがまれにあるようです。

このような事態は手術に不慣れな医師の場合に起こすことが多く、手術実績の多数ある医院を選ぶことをおすすめします。


医療機器による問題

医療機器のトラブルでフラップの作成が不完全になり、剥離を起してしまうこともあるようです。

このような事態は一概には言えませんが、古い機器のクリニックで起こすことが多いようです。眼球という非常に繊細な場所の手術ですので、費用のみでクリニックを選ぶのは考えものだといえるでしょう。
できるだけ最新設備を整えた医院での治療がベターでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。