レーシック手術の問題

普通、近くを見る時は水晶体(レンズ)が膨らみ厚みを増すことにより焦点が近づきピントを調節しますが、年とともに水晶体が硬くなるため調節する力が弱くなり、近くが見えにくい状態となっていきます。
これはだれしもかかえる老視といわれる、近くのものが見にくい状態です。老眼ともいい老眼鏡が必要になります。

逆に近視の人は、すでに焦点が近いため水晶体で調節しなくても、眼を近づければ自然にピントが合うため、ある程度の年までは老眼鏡なしでも近くを見ることが容易にできています。

レーシック手術によってその近視状態が治ると、当然のことなのですが老視の症状が出てきてしまいます。(正視の状態になります。)
そのため今度は近くを見る時には老眼鏡が必要となってしまいます。それで手術後に目が悪くなったというクレームに繋がることもあるようです。

レーシック治療の問題

医師の治療技術による問題

切り取ったフラップを元に戻すさい、きれいに戻せずシワが寄ってしまったり、角膜を削りすぎたりすることで、(不正)乱視を発生することなどがまれにあるようです。

このような事態は手術に不慣れな医師の場合に起こすことが多く、手術実績の多数ある医院を選ぶことをおすすめします。


医療機器による問題

医療機器のトラブルでフラップの作成が不完全になり、剥離を起してしまうこともあるようです。

このような事態は一概には言えませんが、古い機器のクリニックで起こすことが多いようです。眼球という非常に繊細な場所の手術ですので、費用のみでクリニックを選ぶのは考えものだといえるでしょう。
できるだけ最新設備を整えた医院での治療がベターでしょう。

レーシック手術後の合併症の問題

100%の精度で近視を治すことは現実の問題として不可能で、一定の視力に達しないこともまれにあります。

これはレーザーに対する反応に個人差があるためで、逆に遠視化(見えすぎ?)することもあります。

一過性のオーバシュ−ティング(遠視化)といわれる現象をを生じることもありますが、これは心配しなくても次第に戻っていきます。

また、手術後しばらくは正視の状態であっても、近視の状態に戻ってしまうこともあります。
この場合は追加で治療を行うことができますので、心配いりません。

夜間になると照明の光が非常にまぶしく感じられたり、光の周囲にリング状にもやがかかって見えることもあるようですが、大半は徐々に消失して元に戻っていきます。

そのほか、感染症を起こしたり、フラップ下に角膜部分に細胞が入りこんで、視力の低下をひきおこした例もまれですが、あるようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。